「認知症の親の不動産を売る」あなたにとって最良の選択肢とは?

不動産が絡む認知症のお悩み
あなたは「誰に」相談しますか?

不動産が絡む認知症のお悩み
あなたなら
「誰に」相談しますか?

仮にあなたのご両親に認知症の疑いがあるとして、親の財産をどうしようかという話になりました。

専門家に相談したところ、このようなことを言われました。

専門家A「判断能力のあるうちに信頼できる家族に財産を託しましょう=家族信託の活用」

専門家B「判断能力が無くなった時に支援してくれる人と支援してもらう内容を事前に契約しておきましょう=任意後見制度の活用」

専門家C「認知症になると相続税の対策ができなくなってしまいます。今のうちに対策しておきましょう」

専門家D「認知症になると不動産が売れなくなってしまいます。今のうちに不動産の名義を変えておきましょう」

このように専門家によって言うことがバラバラです。 さて、あなたなら誰の言うことを聞きますか…?

専門家は基本的に
自分の専門分野の範囲内で考え
対策を講じようとします

専門家は基本的に
自分の専門分野の範囲内で考え
対策を講じようとします

弁護士、司法書士、税理士、不動産会社…それぞれの専門家の立場で考えれば決して間違ってはいないのですが、結果的にご依頼者のためにならないケースがあります。

また、認知症を取り扱っている専門家の中で不動産に精通している専門家は少ないのが実情です。

そこで、特定の専門分野やしがらみにとらわれず、困っている方にとって本当に大切なことを最優先に考えて支援する存在が必要だと考えました。

もしあなたが不動産が絡む認知症のお悩みを抱えている状態でしたら、当サポートオフィスはあなたのお力になれるはずです。

売却サポートの基本的な流れ

①査定書の提出

まず売却価格の目安をご提示いたしますので、その金額を見てお話を進めるかどうかをご判断いただきます。その際、価格を算出するのに必要な資料をご案内いたしますので、ご提供をお願い致します。

②現地調査

お話を進めることになりましたら、実際に対象物件のある現地へ伺い、不動産の状況を確認いたします。その後、当社での買取価格を確定いたします。

③認知症のご本人との面談

ご売却の意思確認や法律行為を行う能力の有無を確認し、ご売却に向けた具体的な取り組みを検討いたします。

④ご売却への具体的な取り組み

以下に示すいずれかの選択肢によって、ご売却を実現させます。どのような取り組みであっても、基本的には成果報酬となりますので、安心してご相談いただけます。