父が認知症の疑い、母は体調不良。実家を売って両親の老人ホーム費用に充てたい

ご相談者様の状況

ご両親は実家にお二人でお住まいでしたが、お父様が認知症の疑い、お母様は体調不良に。ご相談者と妹さんはご結婚され、それぞれ遠方にお住まいのため介護は不可能。ご相談者がご両親を老人ホームへ入所させました。当初はご両親の貯えで費用を負担していましたが、底をついてきたため、空き家になっている実家を売って入所費用に充てたいと当事務所にご相談されました。

当事務所のサポート内容・結果

弊社が提携している、認知症を熟知した司法書士に確認をお願いしたところ、お父様にはまだ判断能力があるとの判断。通常の流れで売却できるとの結論に達し、売却活動を開始。ただ、売却には時間がかかるため、判断ができる状態のうちに登記に必要な委任状などの書類を取得し、本人確認を行っておきました。その後、売買契約の前にお父様が亡くなってしまい、最終的にはご相談者がご実家を相続後、売却することになりました。