*普段お使いのメールアドレス

LINEで受け取る場合は

以下のQRコードをスマホで読み取って

公式LINEを友だち追加するとすぐに見れます

\ LINEでも受け取れます /

以下のボタンを押して

公式LINEを友だち追加すると
すぐに見ることができます

友だち追加

そう感じた時、真っ先に心配するのは介護のことだと思います。

 

最初は物忘れ程度かもしれませんが、症状が進行してしまうと、徘徊や排泄などの問題が起こってきます。

 

自分で介護をするか、ホームヘルパーに来てもらうか、施設で面倒を見てもらうかといった選択を迫られることになります。

 

しかし、もうひとつ無視できない問題があります。

 

お金の問題です。

 

施設の入居費用や様々な介護サービスの費用など、親の年金だけでは足りない場合があります。

 

そんな時、

されたらどうしますか?

 

親が認知症になってキャッシュカードの暗証番号を忘れたり、通帳や印鑑の場所がわからなくなると、親の口座からお金は引き出せなくなります

 

親が老後のためにと貯めていたお金があったとしても、そのお金を介護費用に充てることができなくなってしまうのです。

 

認知症の親のお金や財産を扱うには、非常に面倒な手続きをしなければなりません。

 

弁護士や司法書士など、専門家の力を借りると費用もかかります。

 

いずれにせよ、親の介護や施設の入所費用は“誰か”が負担することになります。

 

親には長生きしてほしいと思う一方で、親が生きている限り、あなたが

としたら…

 

負担するお金は毎月数万円から、数十万円にもなるでしょう。

 

実際、身銭を切って親の介護費用を負担し続けているお子さんは少なくありません。

 

そこで、介護だけに気を取られて、お金の問題で手遅れにならないためのチェック項目をまとめました。

 

親に認知症の疑いがあるなら、今すぐチェックしておきましょう。

 

認知症が進行してしまうと手遅れになります

 

介護に加えてお金の問題まで発生したら、あなたの人生が狂ってしまうかもしれません。

 

そうならないためにも、ぜひこのチェックリストをご活用ください。

はじめに

気づいた時にはもう手遅れ!?

親の認知症が引き起こすお金の問題の数々

 

✅親のお金が引き出せなくなる?金融機関について今すぐ確認すべきこと

 

✅早くしないと発見が困難に。本人しかわからない隠れた財産

 

✅見逃すと大変なことに…大金が動く重要な契約

 

✅知らず知らずのうちに口座のお金を食い潰すもの

 

✅手遅れになる前に決めておくべき財産の処分方法

 

✅今のうちに名義変更しておくべき5つの財産

 

✅親戚に財産を奪われないための事前対策

 

おわりに

成年後見制度、民事信託(家族信託)の落とし穴

N.H様
40代 男性

これを読んだ後
すぐに家族と相談しました

80を過ぎた父に認知症の疑いがあると感じていたため、このチェックリストが気になって見てみました。

 

それまで母や兄弟とは、介護や施設入所の話しかしたことがありませんでした。

 

しかし、このチェックリストを見て、父名義の家や財産に関して、考えもしなかった問題が近い将来起こる可能性があることを知りました。

 

私はすぐにこのチェックリストの内容を家族で共有して、父の財産について話し合うようになりました。

 

実際に何か手を打つ場合は、専門家の人に頼ることになるとは思いますが、早い段階で問題の種に気が付くことができて本当に良かったです。

 

チェックリストの受け取り方法は簡単です。

 

①この下にあるフォームに普段お使いのメールアドレスを入力する。

 

②「チェックリストを無料で受け取る」ボタンを押す

 

③入力したメールアドレスに送られてくるメールを開く。

 

④メールに書かれているダウンロードリンクを押す。

 

以上でチェックリストを見ることができます。

 

また、チェックリストだけでは補えない、認知症とお金の問題にまつわるお話を定期的にメールマガジンという形でご紹介していきます。

 

親の認知症で、実際にどのようなお金の問題が起こっているのか、そしてそれをどのように解決していけばいいのかをお伝えします。

 

きっと参考になるはずです。

 

配信はいつでもストップできますので、ぜひこの機会に親の認知症によって引き起こされるお金の問題について知識を深めておきましょう。

*普段お使いのメールアドレス

LINEで受け取る場合は

以下のQRコードをスマホで読み取って

公式LINEを友だち追加するとすぐに見れます

\ LINEでも受け取れます /

以下のボタンを押して

公式LINEを友だち追加すると
すぐに見ることができます

友だち追加

認知症不動産売却

サポートオフィスについて

認知症不動産売却サポートオフィス代表
安次富 勝成
(あしとみ かつなり)

親の認知症がひどくなってしまい、いよいよ施設に入所するという段階まで来ると「空き家になる親の家を売って施設の入所費用に充てたい」と考える方が少なくありません。

 

しかし、名義が認知症の方になっている不動産の売却は、判断を間違えると「不動産を売る」という話だけでは終わらず、成年後見制度や相続の問題など、あなたやご親族の今後に大きな影響を与えうる事態に発展する恐れがあります。

 

この問題に取り組むためには、民法や不動産に関する専門的な知識が必要です。

 

そこで当サポートオフィスでは、認知症の親の財産やお金の問題で困っている方が判断を間違えないためのご支援をしております。

運営会社概要

事務所名認知症不動産売却サポートオフィス
運営会社名レアルコンサルティング株式会社
代表取締役安次富 勝成(あしとみ かつなり)
住所〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-3-13
ZenkenPlazaⅡ 7F
電話番号0120-24-0783
FAX03-6911-3938
設立2010年5月
宅地建物取引業免許国土交通大臣(2)8733号
事業内容不動産に関する諸問題の解決
相続の生前対策・相続後対策
相続・贈与に関する事柄

個人情報の管理・取り扱いについて

当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

 

お預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

 

ご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、下記までご連絡ください。ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

 

レアルコンサルティング株式会社 お客様相談窓口

TEL:0120-24-0783(通話料無料:平日9:00~18:30)

FAX:03-6911-3938

E-mail:info@realconsulting.jp

*普段お使いのメールアドレス

LINEで受け取る場合は

以下のQRコードをスマホで読み取って

公式LINEを友だち追加するとすぐに見れます

\ LINEでも受け取れます /

以下のボタンを押して

公式LINEを友だち追加すると
すぐに見ることができます

友だち追加

© 2022 レアルコンサルティング株式会社