要介護認定を受けていても売れますか?

はい、売却できます。

要介護認定と認知症判定は異なるため、要介護認定を受けているからといって売買契約に必要な判断力が欠如しているということではございません。

要介護認定とは

介護保険サービスの利用希望者に対して「どのような介護が、どの程度必要か」を判定するためのものです。

寝たきりで介護が必要な場合でも意識はしっかりしている方もおられます。

その場合は体が不自由なため介護認定を受けることが可能です。

したがって、ご本人の状態にもよりますが、売却できる可能性はまだ残っています。