他で断られたのですが、売れますか?

はい、認知症の程度によっては売却が可能です。

認知症といってもその程度は様々です。

日によっても天気や時間帯によっても状態は変わります。

実際、認知症の判断基準にはあいまいなところがあり、加齢によって脳の機能が低下しただけなのか認知症なのか判断が難しいです。

そういった中で、司法書士は契約時に所有者の本人確認や売却の意思確認をおこなって、契約の有効性を判断しなければなりません。

もし不動産を売った時すでに認知症だったことが後から判明した場合、司法書士がその責任を問われてしまいます。

ですので、司法書士の中には認知症と聞いただけで断る方もいらっしゃいます。

当サポートオフィスでは、認知症に精通した司法書士とタッグを組んで判断いたしますので、他で断られてしまった場合でもぜひ一度ご相談ください。