司法書士に断られたのですが、売れますか?

はい、認知症の程度によっては売ることが出来ます。

司法書士にとって、認知症やその疑いのある方の不動産売買に関わること自体が大きなリスクです。

売買の契約をした時点で判断能力が無かったことが後から発覚した場合、売買契約が無効になるだけでなく登記をした司法書士が資格をはく奪される可能性があるからです。

そのため、認知症の疑いがあるというだけで断わる司法書士もいらっしゃいます。

認知症不動産買取サービス直接登記個人間売買などの選択肢が残されています。